開発ブログ

MAP改修やります!

(K氏)「インタビューでMAP改修するって言ったよね?発言をしたからには、責任を持ってやりましょう」
(F氏)「今回は仕事が詰まってまして…少し厳し…」
(K氏)「やりましょう」
お久しぶりです、舟谷です。

ということで、私からはMAP改修についてお届けしたいと思います。
1年前に行った改修と同様に、『遊び方は大きく変わらないけど遊びやすくなる』をモットーに、
使われていない通路の修正や追加、渋滞を起こしやすい場所や引っかかりの解消を行いました。
(ドム詰まりを起こす場所多々ありますよね!)


まずは北極基地(沿岸)の地下通路。
通路が長く、使い勝手があまり良くありませんでしたので、短くしました。
北極基地(沿岸)修正前 北極基地(沿岸)修正後
(※画像をクリックすると大きめの画像で確認できます)

弧を描かず、直線の通路に変更。拠点爆破の道のりも50秒で到着(ガンダムでの移動時間)
地下へと降りる通路も坂を緩やかに調整してます。


続いて、採掘所に山道を追加しました。
拠点爆破に成功したのは良いけれど、前線が自軍の拠点…
戦線復帰までの悲しい道のりに思いをはせ、走った経験をした方が多々いらっしゃるかと思います。
採掘所修正前 採掘所修正後
(※画像をクリックすると大きめの画像で確認できます)

戦線復帰までの時間が早くなり、遊べる時間が増加!
逆転狙いの拠点爆破&ステルス機の救済道となれば幸いです。


最後に軍事基地にて小さな鉄塔にぶつかり、
特定のMSが詰まる現象が多発する場所がございましたので、
MSのあたり判定だけ取り除きました。
軍事基地修正前 軍事基地修正後
(※画像をクリックすると大きめの画像で確認できます)

タックルが引っ掛かって当たらない、といった悲しい事故も減り、
ふとましいMSにも優しい地形になっております。


上記以外にも変更を加えておりますので、
詳細はアップデート当日までお待ち頂けますと幸いにございます。

(開発:舟谷)

【シチュエーションバトル】本実装決定です!

皆様こんにちは!
RE/100 1/100「イフリート改」を早く作りたくて落ち着かない日々を送っている開発の徳Dこと徳島です。

先日より不定期開催していた特別戦【シチュエーションバトル】が、ご好評につき本採用となりました!
詳細は後日インフォメーションにて行いますが、今回はその内容とそれに伴う改定を簡単にご紹介します。


■シチュエーションバトルとは?■
原作の疑似体験を中心に、バトオペならではのオリジナル編成なども含む多彩なシチュエーションと、
シチュエーションごとにシステム側で用意されたMSが出撃時にランダムで決定される
階級やカスタムパーツを気にせず、みんなで気楽に楽しもう!という遊びです。
基本的には特別戦の時と一緒ですが、いくつか変更となる部分がありますのでお知らせしておきます。
シチュエーションバトル3 シチュエーションバトル2


改定その1:いつでも遊べるようになります
特別戦では不定期開催していたシチュエーションバトルですが、今回の本実装によって常設となります!
今後の運営によって調整されるかもしれませんが、予定では選択MAPと同じように定期的に選出内容が
入れ替わりつつ、いつでも遊んでいただける
ものとなります。
新たなシチュエーションが公開された時、平日の人が集まりにくい時、ちょっと息抜きに…など、
既存ルールと共にライフスタイルに合わせて活用していただければと思います。
シチュエーションバトル3 シチュエーションバトル4


改定その2:新ゲームモードとしての実装と画面の整理
混合戦は各ルールに機能としてON/OFFする形での実装となりましたが、シチュエーションバトルは
ベーシックなどと同様のゲームモードとして新規追加されることになりました。
これにより、ゴチャっとしてきた要素を整理して「ゲームモード選択画面」を追加することになりました。
長い間遊んでいただいている方々は最初少し戸惑うかもしれませんがご了承ください。
ゲームモード選択


改定その3:シチュエーションの拡張&再現度が少しだけアップ!?
本実装にあたり、システム側で用意した一部のMSに専用カラーやデカールを施しました。
これによりザクⅡS型をベースにシャアザクを再現したりできるようになり、原作系シチュエーションの
幅が広がり、既存のものも再現度が少しだけアップしました。
とはいえ、可能な限り近づけていますが完全再現には至らず「それっぽい」状態のものもあります…。
中には「無茶しやがって…」というようなものもあるかもしれませんが、そういった細かい点は
心の目とガンダム愛で補填していただき、少しでも楽しんでいただければ幸いです!
シチュエーションバトル5 シチュエーションバトル6


緊張感あるバトルがバトオペの醍醐味ではありますが、肩の力を抜いて楽しめるシチュエーションバトルは
バトオペの新たな面白さを引き出してくれました。
階級や所有MSを気にせずに遊べることで出撃サイクルもテンポよくなり、初心者の方や、久々に遊ぶ方でも
楽しめる場に出来たと思います。

バトオペ運営開始4周年に向けて、まだまだ新たな試みや改修を重ねていきますので、
今後ともバトオペを宜しくお願いいたします!

20年の歳月を経て遂にガンプラで発売となるRE/100 1/100「イフリート改」(4月23日発売予定)も宜しくです!

(開発:徳島)

豪華報酬キャンペーン予告

ミンガラーバー!武田です。

いよいよ3/17(木)よりAC『機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー』が全国で稼働しますね!
宇宙世紀のガンダムが好きって方は要チェックですよ!
最寄りの稼働店舗は、こちらのページで確認できます!
公式サイト:http://gundam-cardbuilder.com/

ここだけの話ですが、自分は先行稼働がはじまった2月末からゲーセンに通い詰めたので、
とてつもないフライングをかました状態になっています。
もし東京のゲーセンで「イフリート改」「スレイヴ・レイス」「ペイルライダー」など、
バトオペにちなんだデッキを使っているやつがいたら、それは私かもしれませんよ!
(グフカスがほしい・・・ノリス大佐は手元にいらっしゃってくれたんだ・・・)


さて、今回は近日開催予定の「週間任務豪華報酬キャンペーン」についての情報をお届け!

なんといっても今回の目玉機体は・・・ハイゴッグ!!待望のハイゴッグ!
私がいなかったインタビューでチラ見せしていましたが、いよいよ実装となります。

さらに特報!明日3/16~3/21までの期間限定で・・・なんと!
シチュエーションバトルでハイゴッグに試乗することができるEXTRAシチュエーションを開放します!
(他のシチュエーションもあるので、遊べなかったらごめんなさい)
ハイゴッグ


豪華報酬はハイゴッグだけではありません!
なんとキャンペーンポイント【CP】を400まで到達するだけで、
強力なMS4機の完成済み設計図を獲得できます!
最近バトオペをはじめた皆様もまだ完成していない皆様も戦力強化の大チャンスですよ!
高ゲインHG


そしてこの豪華報酬キャンペーンに合わせて、高ゲイン出撃の上位版「高ゲイン出撃HG」をご用意しました。
高ゲインHG

何かと忙しい季節ですので、時間がどうしても足りない!という方に上手くご利用いただければと思っています。
キャンペーン報酬自体の入手難易度はこれまで通りとなっておりますのでご安心を。

一度の出撃でエネルギーを5個消費し、戦闘報酬超増加!さらにボーナス効果も超強化!
 ・基本戦闘報酬に追加ボーナス
   →階級exp :+4500exp
   →開発ポイント:+3000P
   →設計図   :+12枠
 ・1戦闘毎の獲得WP(CP)に+20P追加
 ・設計図報酬の2枠が【★2】以上確定

尚、この「高ゲイン出撃HG」は、キャンペーン期間限定でご利用が可能となります。


それではイベント開催まで少々お待ち下さい!!

(開発:武田)

新たな特別戦【シチュエーションバトル】はじめます!

皆様こんにちは! 開発の徳島です。

前回実施した特別戦【混合戦】が好評につき、皆様のご意見を取り入れつつ本採用となりましたので、
新たな特別戦【シチュエーションバトル】を実施します。

今回はその内容をざっくりとご紹介します。
混合戦が選択肢を広げた自由度の高い遊びだったのに対し、シチュエーションバトルはとにかく気軽に
決められた枠の中でみんなで「ガンダムごっこ」を楽しめるものを目指しています。
シチュエーションバトル1


■ポイント1:気分はアムロ?それとも…?名場面を疑似体験!
アニメやゲームでお馴染みのシチュエーションをバトオペ流に疑似体験するという新しい遊びです。
原作通りにロールプレイするもよし、原作ではやられ役だったザクでガンダム撃破を狙うもよしです。
リアル志向の強いバトオペですが、たまには童心に帰って純粋にガンダムらしい遊びをしてみませんか?
シチュエーションバトル2


■ポイント2:使用するMSや装備は貸与。誰でもすぐに参加できる!
シチュエーションバトルで使用するMSは装備やカスタムもセット済みの貸し出し品となります。
シチュエーションごとに用意されたものからランダムで搭乗MSが割り当てられます。
ですので階級やカスタムによるMSの強さの差はなく、得意な機体やタイプを選ぶこともできません。
未入手&未開発のMSや、階級制限で乗れないMSにも乗ることができます。
割り当てられたMSと編成から自分の役割を見出し、いかにその役割をこなせるかが勝敗を決めます。

いつもは乗ることのないMSや、懐かしいMS、所有していないMSに乗ることで新たな発見が
あるかもしれません。
シチュエーションバトル3 シチュエーションバトル4


■ポイント3:シチュエーションも使用MSも分からない闇鍋的なドキドキ感
シチュエーションは複数の中から毎回ランダムで決定され、MSもそれに合わせて選出されます。
ゲーム開始までどのシチュエーションになるか、どのMSになるか分からないドキドキ感があり、
同じシチュエーション、同じメンバーでも同じ結果になるとは限りません。
また、参加者の階級情報が表示されず、勲章効果も無効となりますので、基本条件が同じ状態の中で
初心に帰って肩の力を抜いてワイワイと気軽に楽しんでいただければと思います。
シチュエーションバトル5 シチュエーションバトル6


以上のように、シチュエーションバトルは、階級やカスタムパーツなどを気にせず、
みんなで気楽に盛り上がろう!というお祭りイベントです。
最初はガンダムファンが分かりやすい原作系のシチュエーションを用意していますが、ゆくゆくは
バトオペならではの遊びを活かしたオリジナルのシチュエーションも用意していきたいと考えています。
また、まだ誰も入手していない実装前のMSに試乗できるチャンスの場にすることも検討中です。

いつもの緊張感あるバトルもバトオペの醍醐味ですが、たまにはこんな遊びもアクセントになるのではと
思っています。
これからも長くバトオペを遊んでいただくために、階級の垣根をこえてフレンドを見つけていただいたり、
初心者の方や、久々に遊ぶ方でも気軽に遊びやすい場になれば嬉しいです。

新たな試みや改修を重ねて、まだまだ盛り上げていきますので、
今後ともバトオペを宜しくお願いいたします!


(開発:徳島)
※アップデート内容の詳細に関しましては、アップデート実施時に更新されるインフォメーションをご覧ください。

次回アップデート情報

キアオラ!武田です。

皆さんは電撃さんのインタビュー記事は見ましたか?
いやぁ、なかなか濃い内容でしたね!!
まだ見ていないという方は要チェックです!!
・・・私はいませんでしたがねっ!

私はここにいる!私はまだここにいるぞぉぉぉぉぉぉ!


というわけで今回も近日配信予定のアップデート内容をお届け!
私がいなかったインタビューにあった「混合戦本実装」について、
ちょっち詳しめに紹介します。

★そもそも混合戦とは?
「特別戦」の戦闘ルールの1つ。
連邦ジオンの垣根を越えて好きな機体で出撃できる。


【前とはここが違うよ混合戦!】
ご好評につき本実装となりました混合戦!
前回からの変更点などをインタビュー風にまとめました。

――【武田】:以前は限られた期間内でしか混合戦が行えませんでしたがそこはどうなっているのでしょうか?

武田氏(以下、敬称略):本実装ということで期間に縛られず、いつでも混合戦がお楽しみいただけます。
カスタムマッチから「混合戦」項をONにするだけで簡単に混合戦ルームを作成できます。


――【武田】:他に変更された点はありますか?

武田:以前開催した際はルームコメントが「特別戦」で固定されていたため、
プレイヤーの皆様からルームコメントを自由に設定したいというお声を多く頂きました。
そのご要望にお応えすべく、今回の本実装では自由にルームコメントを設定できるようにしました。
以前よりもより遊びやすく、「アッガイ祭り」といったネタ部屋も作りやすくなったはずです。


――【武田】:通常のルームと混合戦のルームを見分けることができるのでしょうか?

武田:混合戦ルームには、ルーム検索結果画面で「混合戦マーク」が表示されるようになり、
一目で通常ルームと混合戦ルームが見分けられますので、ご安心ください。
混合戦1


――【武田】:混合戦本実装のほかになにかアップデート内容を教えて下さい。

武田:どの機体かはまだ言えませんが、初期に行ったイベント機体を通常開放する予定です。
周年ごとの大きなイベントでしか入手できなくなっていた機体なので、
ある意味レア機体と言えるかもしれませんね。
通常解放MS


――【武田】:インタビューにあったシチュエーションバトルについては何かありますか?

武田:次回のブログで徳島の方から紹介させて頂く予定です。少々お待ち下さい。


(開発:武田)
※アップデート内容の詳細に関しましては、アップデート実施時に更新されるインフォメーションをご覧ください。

次回アップデート情報その2

フジャムボ!武田です!

舟谷よりアップデート内容の1つである新マップの情報をお届けしましたが、
安心して下さい、他にもまだありますよ!

ということで早速アップデート内容をお届け!


①「新システム」
バトオペも運営開始から4年目となり、編成や戦術などに定石的なものが
出来上がりつつあるように思えます。
これ自体は悪いことではなく、洗練された結果だと思いますが、
同じことの繰り返しは「飽き」へとつながってしまいます。
そこで!ちょっと一石投じようかと思います。
ピリッとスパイスの効いた新機能を・・・!

その名も『特別戦』です!!

特別戦は期間限定でしか開催しない特別なマッチングで、
開催ごとに様々な「一味違った遊び」を提供する場です。

最初となる今回はMSの軍属性混合の戦闘が可能になり、
入室したルームの軍属性に限らず敵軍のMSでも出撃可能になります。
各軍の上層部が鹵獲した敵軍機の使用を許可した…といった感じです。
現在の編成や戦術は「固定された敵軍」を想定したもののはずなので、
それが崩れた今、一筋縄でいかない、新しい遊びが行えます。

ただし、データベース上の記録は出撃した軍のものとして扱いますので、
週間任務なんかはお気を付け下さい。
ジオン軍で連邦MSを使って出撃しても連邦軍で出撃したことにはなりません。

オンラインルームはこんな感じ!なかなか新鮮味がありますね。
特別戦1

こんな夢の対戦も可能に!?
特別戦2



②「スロット強化ハンガー調整」
新機体を手に入れてもハンガーにかけると出撃できない・・・
早く乗りたいけど、フルハンしたい・・・
そんなジレンマを解消するため、以下の調整をかけました。
 
・整備中のMSでも出撃可能
・整備中のMSを他のハンガーで同時に整備ができる

お気に入りのMSを一気にフルハンしつつ、出撃もできるので、
これまでよりも気軽にハンガーできるようになります!

そして最後にお知らせです。
次回アップデートファイルの配信予定日が
12月10日(木)に決定しました!!

まだ他にもアップデート内容はありますが、
ここまでとさせて頂きます!あとはお楽しみということで!

(開発:武田)

次回アップデート情報その1

監督をセンターに入れてブーメラン…
監督をセンターに入れてブーメラン…
お久しぶりです、舟谷です。

寒い季節に入り、コントローラーを持つ手が凍える今日この頃
いかがお過ごしでしょうか。
飽きもせず深夜帯に監督と紅白戦で部屋を作って遊んでますので、
フラッと見かけましたら、立ち寄って頂けますと幸いにございます。


とまぁ、近況とは別に、
近々行うアップデートについて、一部ご報告したいと思います。
電撃オンラインの記事でチラっと見えておりました、『北極基地(沿岸)』についてご紹介します。

北極基地は北極基地でも、今回のマップはシャトル発射台がある方ではなく、
アニメでハイゴッグが上陸した沿岸基地部が戦いの舞台となってます。

HGスキンその1 HGスキンその2
起伏のある地形と平地(基地)で構成され、
広さは、だいたい鉱山都市と同じくらいです。

HGスキンその1 HGスキンその2
鉄骨組み建造物の多い北極基地。
中にはMSが2,3体入れる円筒状のものもあったりしますので、
中に入って敵軍とタイマンで戦うと熱いかもしれません。

また、平地に戦場が集中するよう、高所に行けない仕様になってますが
要所に射撃ポイントをご用意しておりますので、
是非とも散策してみてください!


余談ですが、
このマップが追加されたということで、もしかしたら…
皆さんが待ちわびているあの機体が(いつになるかは分かりませんが)
登場するかもしれません。
突撃戦
突撃戦


本日はここまでです。
MAP以外の調整や実装については武田より報告がありますので、
もうしばらくお待ち頂けますと幸いにございます。


(開発:舟谷)

新要素【HGスキン】実装のお知らせ

お久しぶりの徳島です。こんにちは!

以前、先行告知させていただいた【HGスキン】が11月23日より実装される予定です!
いままでのスキンと違って、自分で色を変えることができる優れものです。

突撃戦

入手方法は、週間任務などで配布される【HGスキンチケット】を集めて交換する形になります。
色の変え方次第でかなり雰囲気が大きく変わるので、入手は大変ですが、その価値は十分あると思います!


■最初に実装されるHGスキンはこちらの2種類!

①オーソドックスな森林系の迷彩。 色が変わるだけでまったくの別物に!
HGスキンその1 HGスキンその2
(※画像をクリックすると大きめの画像が開かれます)

②少し変わった亀甲模様の迷彩。 可愛らしい感じから禍々しい感じまで表現は色々ありそうです!
HGスキンその1 HGスキンその2
(※画像をクリックすると大きめの画像が開かれます)

もちろんHGスキンもこれから種類をどんどん増やしていきますので、是非お楽しみに!


そしてもう1つ!
今回はHGスキン実装と同時に【通常のスキン】も新柄を含めて大量投入!
もはやこれは「冬のスキン祭り」状態ですね!

既存のスキンは今まで通り色自体は固定ながら、今後追加される新柄に関してはちょっと変わった迷彩
などをメインとして、それ自体でアピール度の高いものにしていきます。

■変わりダネの新規パターンはこちら。
突撃戦
突撃戦
突撃戦


また、HGスキンチケット配布開始によって、通常のスキンチケットは今までよりも少しだけですが
入手しやすくなる予定ですので、所有枚数オーバーで無駄にしないように随時交換してください。

今年も年末年始に向けて色々と仕込んでいきますので引き続きバトオペを宜しくお願いします!


(開発:徳島)

新ルール登場!

ジェンドーブリィ!武田です。

先日、徳島さんよりアナウンスがありましたが、
今回は近日配信予定のアップデート内容の中でも一番気になる、
新ルールについてもう少し掘り下げた情報をお届けします!

待望の新ルール・・・その名も『突撃戦』です!!

突撃戦は所謂チームデスマッチと呼ばれているルールをベースに、
これまでのバトオペにはなかった要素をプラスしたり、
逆にこれまであった要素を削ったりして、とことんカスタマイズを行ったものです。
ルール自体はシンプルかつ、わかりやすく「相手の戦力ゲージを0にする」です。

ベーシックやエースマッチは制限時間内のスコア勝負、
制圧戦は主に中継地点の制圧によって戦力ゲージを0にする。
・・・戦力ゲージを用いる点で制圧戦は突撃戦に近いといえますが、似て非なるものです!!
この突撃戦は「撃破」や「アシスト」のみでしか相手の戦力ゲージは削れません。
すなわち、MS同士で殴り合い、削り合い、最後は「撃破」によって決着がつきます!
最後の1機をめぐる攻防はとてつもなく熱いものとなります。

では、具体的にとことんカスタマイズした要素をご紹介!


要素①「初の試み」
対戦はバトオペ初の少人数制を採用し、2VS2のタッグマッチとなっています。
友達や部隊のメンバーで組んだり、敵味方に分かれてみるのも良し、
はたまた相棒となる新たな仲間を求め、戦いの旅にでるのも、
孤高の一匹狼として、行きずりの相手と共闘してみるのも良いでしょう。
自由に遊んでみて下さい!!

要素②「マップ」
既存のマップをそのまま使うと、少人数制のこのルールではちと広い。
そこで!既存のマップに行動範囲の制限を設けたり、
ついでに天候を変えたりした、突撃戦専用の特別なマップをご用意しました!
こんな感じです!
突撃戦マップ1 突撃戦マップ1

要素③「再出撃」
タッグマッチですので、どちらか一方が撃破されて数的不利に陥った場合、
残った味方は相棒が戻ってくるまでの時間をしのぎきらねばなりません。
機体によっては30秒以上…味方がピンチなのにそんな時間、悠長に待ってられません!
なので、このルールではなんと!
どんなMSでも再出撃時間が1秒に固定されるようにしました。
この短い再出撃時間を活かして、いかに早く味方と合流し、立て直しを図れるかが勝負のカギとなります。
必然的にMSで戦える時間が長くなりますので、「戦闘そのもの」も楽しんで頂ければと思います。

要素④「ストイック」
上記の要素だけでもMS戦闘に特化した、
キレッキレのゲームルールになっていますが、
さらにストイックにMS同士のバトルに焦点を絞るため、
MSのリペアや緊急脱出、中継地点の制圧などの要素を大胆にも削っています。
(中継地点は両軍共用で誰でもリスポーン可能です)


まだいろいろとご紹介したいところはありますが、この辺とさせて頂きます。
もうすぐ遊べるようになりますので、実際にプレイしてみて下さい!
では、最後に「突撃戦」の戦闘画面を初公開!!
突撃戦

突撃戦

(開発:武田)

バトオペ、これからのことを少し

20kgほどの減量に成功し、ちょっとだけ昔の自分を取り戻した徳島です。こんにちは!

ガーベラ・テトラを先行入手できた人もそうでない人も、豪華報酬キャンペーンへのご参加、
ありがとうございました!
少し先になると思いますが、ガーベラ・テトラの正式キャンペーンにもご期待下さい。

さて、今回のキャンペーン期間中に、自分もようやく少将Lv10に昇格しました!
な、長かったぁ…。
これからは「無暗に単独で凸らない」「開幕最速撃墜されない」「緊急脱出は状況を見て」を
課題として最上位階級として恥ずかしくないプレイをしていきたいと思いますw
頼りない少将ですが、戦場で見かけましたら宜しくお願いします。


バトオペとは一味違った要素が楽しめる「バトルオペレーションNEXT」も運営開始となり、
そろそろバトオペは終了か?などと噂される中、そんなことはないですよ!ということを
少しでもアピールするため、今回は近々実装予定のものの一部を先行でお知らせしようと思います。


『新ルール』の実装
先日、既存ルールへの調整を実施しましたが、それらとは別に完全新規のルールを準備中です。
こちらは近々実装される予定ですので、詳細告知を少しだけお待ち下さい。
是非お楽しみに!


『HGスキン』の実装
先に実装された「スキン」に、ついに「HGスキン」が加わります!
専用のHGスキンチケットで交換するレアな扱いになりますが、
待望のカラーチェンジ機能搭載の特別なスキンですので是非入手を狙ってみて下さい。
また、既存のスキンのほうには新柄を含んだ大量追加を準備しています。
沢山の種類から好みの柄を選べるお手軽なスキンと、特別な機能をもつHGスキンと、
差別化を明確にして、どちらも価値のあるものにしていければと思います。
尚、スキンチケットはノーマルもHGもそれぞれ所持数上限が10枚ですので、
マメに交換して無駄にならないようお気を付け下さい。
サンプルとして新規追加予定の新柄スキンを1枚、ご紹介しておきますね。

新スキン


『その他』新MSについて
当然のことながらMSは今後も続けて追加していきます!
計画段階のものとしてはかなり先まで予定がたっていますし、開発側では現時点でそこそこの数の
MSが既にロールアウト、もしくは調整段階となっています。
メジャーどころからマニアックな機体まで、バトオペならではの少し変わったラインナップで
これからも随時追加を行っていきますので、こちらもお楽しみに!
(たまに今さら感のあるものが混じることがありますが、それはそれで低コスト帯で新たな活躍を
 見込めるものとして受領していただければと思います。)

新MS


もちろん、快適なプレイ環境を提供できるように、これら以外にも細かなマイナーチェンジや調整、
仕様追加も引き続き行っていきます!
まだまだ発展していくバトオペ。 今後とも宜しくお願いします!

(開発:徳島)

1 / 612345...最後 »
© 創通・サンライズ